top

お知らせ

2015年10月1日に訪問介護ステーション・ケアライフプラン はぐみ十三(大阪市淀川区十三元今里2-6-5)がオープンしました。地域の介護サービス施設やその内容に精通した、経験豊富な専任のケアマネージャーが待機しています。
ヘルパーは年中無休で派遣いたします。お電話での介護相談もお受けしています。



毎日お届けする、今日の介護福祉ニュース
  • 高齢者見守りシステム+ロボット・IoT機器で機能拡大

    高齢者見守りシステム+ロボット・IoT機器で機能拡大

    電子機器開発・製造のRTC(栃木県河内郡上三川町、アール・ティー・シー)と、開発パートナーの生活革命(埼玉県さいたま市)は、これまでRTCで開発・提供してきたスマートフォンと離床検知センサーによる見守り支援プラットフォームい、ロボットとウェアラブルウォッチ(IoT)を連携させ機能を拡大した。これを使った介護施設でのトライアル実証実験もスタートした。
    見守りセンサーで検知した信号を、従来のパソコンやスマートフォンに通知することに加え、現在導入普及が進んでいるコミニュケーションロボットやスマートウォッチとも連動して介護従事者に通知する。また、入居者がベッドから離れそうになった際に居室内に設置したコミュニケーションロボット(ロボホン)から声掛けすることで、離床行動を一時抑制するなどする。
    施設に導入されているコミュニケーションロボットに利用者の状態の常時検知、情報伝達機能を持たせ、ロボットの利用価値を高め、介護の質を向上させることを目指す。